19日夜、川崎市幸区で高校1年の男子生徒が罰ゲームで川に飛び込み、死亡しました。男子生徒は飛び込む直前に同級生5人で集まってラップのテクニックを競う、いわゆる「ラップバトル」をしていたということです。

 

午後10時前、幸区の多摩川大橋から「友達が川に飛び込んで行方不明になった。沈んでしまった」と119番通報がありました。消防などが駆け付けると、橋から5メートル下流で川崎市の高校1年・太田羅月さん(16)が沈んでいるのが見つかりました。太田さんは病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。警察によりますと、太田さんは同級生5人と河川敷でラップのテクニックを競い合う、いわゆるラップバトルをしていて、その罰ゲームで川に飛び込んだということです。警察は現在も同級生5人から当時の状況を詳しく聞いています。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事