19日朝、北海道苫小牧市でシカが国道沿いのフェンスに挟まれて抜け出せなくなり、国道は一時、通行止めとなりました。

 フェンスに挟まれて抜け出せなくなったシカ。諦めたのかへたり込んでいます。午前7時すぎ、苫小牧市で「フェンスにシカが挟まって身動きが取れなくなっている」と通り掛かった人から警察に通報がありました。フェンスに挟まったシカは雄で、約2時間後に市の職員らがフェンスをこじ開けて助け出しました。目立ったけがはないことから、シカは山に返されました。現場は国道36号沿いで、シカが飛び出す危険があったため一時、通行止めとなりました。

 

引用URL https://news.livedoor.com/article/detail/17549635/

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事