ホテルに誘いたいと女性に思っても「ねぇホテルに行かない?」と言える男性は少ないのです。

でもうまくそれを伝えることにより、女性がスムーズに頷けることも。

それらのセリフについてお伝えしていきますので、参考にしてみてくださいね。

「飲みすぎちゃった…疲れたな…」

二人で帰り際にこれを言うと、女性としては「大丈夫?」と聞いてくれることになるでしょう。

そういう時に男性としては「少し休めたら楽になるかもしれない」と真面目な顔で言うでしょう。

そうすると、女性としては「誘われている!」と思うので、ここで頷くかそれともなんとかして帰ろうとするかを、決意することが出来るのです。

「ホテルって行ったことある?俺一度も無いんだ」

好奇心や興味を少し見せながら、さりげなく男性がこれを言ってきたら、女性としては「私は行ったことある」と言うか「うそでしょ」と笑顔で言うかどちらかが多いでしょう。

でもこういう言い方をする男性をなんだか可愛く思えて、今日行ってもいいかな…と思ったりするのです。

「もう少し一緒にいたい…ダメ?」

男性からおねだりのようにこう言われると、女性としては「うん。いいけど…」と言いながら、心の中では「これって誘われてるの?」と思うものです。

男性としてはそう言いながら、明るくて楽しい会話を心がけましょう。

そうすると女性としては、もっと一緒にいてもいいかもと思えてきますので、このままの流れでホテルに行くことも。

「明日は朝早いの?」

と、次の日の朝をイメージさせるようなことを聞かれて、しかもそれが休日前ということになると、女性は逃げ場が無くなります。

これは男性としてのうまい誘い方だと言えるでしょう。

そして「ううん、早くないよ」と答えることに。

そこで男性からさりげなくホテルに誘われることもあるでしょう。ワンクッションあるだけで案外スムーズにいくことも多いのです。

「マッサージ得意なんだけど、試してみない?」

と男性が言うのは、ホテルに誘いたいからという場合が多いでしょう。

ここで「別にどこも凝ってないから」と言ってしまうと、男性としてはかなり傷つきます。

そのため「えーホテルに誘おうとしてない?」と女性は言いたいところですが「そんなことないよ」と言われてしまことも。これは自分の気持ちを守りながらの、ホテルへの誘い方になるでしょう。

まとめ

ホテルに誘う時に、男性としては「この女性にはこういう誘い方をしよう」と決めている場合もあれば、とにかくこれなら成功しそうと思って、大体いつも同じ誘い方をしているタイプがあります。

女性としては、はっきり「ホテルに行こう!」と言うことで、嫌われそうで怖い…と思っている男性心理だけは、分かってあげたいですね。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事